天井クロス垂れ下がり 張替え作業

天井のクロスが垂れ下がってしまい張替えのご依頼がありました

こちらはBMWになりますがBMWに限らず他の欧州メーカーでよくおきる症状です

原因としては欧州車に使われている接着剤の問題です 日本の気候に合わず時間の経過とともに粘着力が弱くなり布がはがれて垂れ下がってきてしまいます ひとたび剥がれてしまうときれいに剥がして改めて張り付けない限り綺麗にはなりません

今回はその手順をいち部掲載します(車体へ取り付けた完成写真を撮り忘れてしまいました)

同じ症状でお困りの方は是非ご相談ください


天井の脱着
ピラ-カバ-・室内灯・アシストグリップ等々を外して慎重に脱着していきます


布を剥がすと大抵の車はスポンジが劣化してボロボロになっています
スポンジが残った状態では新しいクロスが張れませんので完全に除去します
除去した後に接着剤もきれいにクリーニングしていきます
この作業を行うことにより接着剤が定着しるので時間をかけて丁寧に行います


古い接着剤をクリーニングしたあと


接着剤の塗布


新しい生地を張替えたあとです
あとは車体に取り付けて完成です

関連記事

  1. MINI 60 YEARS EDITION

  2. 冠水、浸水時の車の対処法

  3. 2020年 初投稿

  4. ☆ダイハツ ニューモデル TAFT(タフト) 試乗車・代車と…

  5.  

  6.