20系アルファードエンジン焼き付き修理

 

アルファードのエンジンの載せ替えです。

 

エンジンが焼き付いてしまい走行不能となってしまいました。

 

原因はエンジンオイルの管理を怠ってしまったことです。

 

多くの方は車は乗るだけでメンテナンスは整備工場やディーラー任せというかたがほとんどだと思います。

それでもエンジンオイルの管理だけは自信で注視しなければなりません。

オイル交換は車の寿命を延ばすことができる一番簡単で一番重要なメンテナンスです

わかりやすいようにエンジンが心臓でオイルが血液に良く例えられますが、

不摂生などで血液がドロドロになれば心筋梗塞などのリスクが格段に大きくなります。

体と同じでオイルも長期間交換しないと燃えカスや不純物を多く含んでスムーズに各所に運ばれなくなります、

最悪の場合は今回おきてしまったようにエンジンの焼き付きなどの大きなダメージを受けてしまいます。

このようにエンジンオイルをまめに交換することは血液をサラサラに保つのと同じことでものすごく重要なことなのです。

 

因みにこの整備では50万円近い整備料金となりました。怖いですよね。(^^ゞ

 

この記事が注意喚起や復習になっていただければ幸いです。

 

では皆様、不要不急の外出は避けつつ良い週末をお過ごしください🚙 🚙 🚙

 

 

関連記事

  1. 移動販売車 車検

  2. 夏本番 

  3. W126 旅立ち

  4. 旧車が入庫しました クジラクラウン

  5. あいおいニッセイ同和損保トップモーターの集い

  6. ☆ダイハツ 新型小型SUV ロッキー 試乗できます